認め印の値段を比較!人気ハンコ屋サイトBEST6!

HOME > 認め印について > 認め印を購入する時は自分に合った物を探そう

認め印を購入する時は自分に合った物を探そう

認め印は実用性を重視する傾向もありますが、女性なら素っ気ない印鑑より、可愛い印鑑が欲しい、といった声も聞かれます。
もしもその場合は、ネット通販で探してみると良いでしょう。
印鑑の販売サイトでは認め印をはじめ、銀行印や実印用も含めまして、可愛らしくお洒落な印鑑を販売している場合が多々あります。
花や動物などをモチーフにしたデザインがあしらわれていたり、印鑑とお揃いの絵柄のケースが、セットで販売されているなど、魅力的な商品が多数ラインアップされています。
そのほかにも、淡く優しい色合いのシンプルなパステルカラーの印鑑や、日本の伝統美を感じられる上品な絵柄の印鑑なども見られます。
また、それとは反対に、キラキラ輝くストーンなどでデコレーションされた印鑑も売られていますから、きっと自分に合った認め印が見付けられるでしょう。



はんこには色々ありますが認め印とは何でしょう

はんこを使う時に実印で押印したり、認め印でも可能と言われることがあります。
実印は自分で印鑑登録するはんこなので分かりますが、認め印とはどのようなものなのでしょうか。
一般的に印鑑登録していないはんこをすべて含めて認め印と言います。
生活しているうえでは宅配便が届いたときの受け取りの際に、また職場や学校などの提出物に印鑑を求められた時に使用します。
書体に決まりはないので、好きな書体を選んで作成できます。
店舗でも作れますが通販で好きな書体を選んで購入も可能です。
作る時に気を付けるポイントは、誰でも見やすい書体であることです。
楷書体はとても見やすく画数の多い字でも確認できます。
他には行書体や隷書体も多くの人に好まれて、自の確認がしやすいと言えます。
実印に比べて多くの場面で使用する事になるため、たくさんの人に認識されやすい書体を選んで購入しましょう。



認め印と実印に関する主な違いとは

認め印とは、印鑑登録に関してはされていない日常生活において署名に使われている全ての印鑑を指しています。
そして、普段において、荷物の受取りの場合に使ったりしたり、日々の生活においてよく頻繁に使っている印鑑であると捉えて問題はないでしょう。
例としては、実印による捺印が必要ない契約書に使用したり、宅配便の受け取りに使ったりしているのも全てが該当します。
つまり、使用していく機会も、人目に付く機会についても一番よくあると言えるでしょう。
しかし、1点注意しなければならないことがあり、それは、これらにも法的な拘束力が発生しているということになります。
つまり、印鑑についてはそもそも承認したり、意志の確認をしたりしているものであり、例としては、商品の購入などにおける契約書にこれらを押す場合には内容についてきちんと確認してから捺印する必要があるでしょう。

次の記事へ