認め印の値段を比較!人気ハンコ屋サイトBEST6!

HOME > 認め印について > 認め印は生活の中で出番の多い印鑑

認め印は生活の中で出番の多い印鑑

認め印は生活の中でよく出番のあるはんこです。
郵便物の受け取りや回覧板への捺印、子どもの連絡帳への押印など様々なシーンで大活躍します。
銀行印や実印などとは分けて製作することが良いでしょう。
最近ではデザインも可愛いものが増えて、女性が好みそうなパステルカラーやガラスのような透明感のある印鑑など選ぶのも楽しいデザインが豊富に揃います。
認印だからといって、気軽に押しても問題がないというわけではありません。
法的効果を持つ印鑑であることは理解しておく必要があります。
最近では値段も安くて便利な三文判と呼ばれる印鑑も増えています。
手軽さゆえに気軽に買ってしまいますが、安っぽいという点が否めません。
社会人であれば少々不釣り合いな印鑑ともいえるかもしれまあせん。
そして、大量生産であるがゆえに偽造の危険性も潜んでいます。
その点を踏まえて認め印を作る必要があります。



認め印は銀行などでは必要ですね

銀行では印鑑証明などが必要ですが認め印など本当にいろいろと必要なものはありますが個人的にはこれらをなくすということはまさにいけないことだといえます。
やはり大切なものはしっかりと管理しておいて特に認め印などはなくしてしまえば生活に影響を与えるものですから大変になります。
大切なことはしっかりと管理することだといえます。
管理することは銀行で出してくださいと言われた時にしっかりと出せるので住所変更の手続きなどが速く住みますのでしっかりとやるべきです。
銀行のほかでもいろいろと使う認め印ですが郵便局などでも使いますのでとにかく大変です。
一つ作っておけばいいのですがやはり個人的にはしっかりと管理するべきでしょう。
ですからなくさないようにするためにはとにかく管理をしっかりとすることが大切ではないでしょうか。
個人的にはそう感じます。



認め印とはどのようなもので、使える書体とは

認め印とは、実印として印鑑登録していないはんこのことで、宅配物や書留の受け取りに、会社で書類に「確認」「承認」の証として日常的に使われるほか、重要な契約書や婚姻届、出生届など市区町村役所で提出する書類などにも使われる大事な印鑑です。
認め印の一種に「シャチハタ」(浸透印)という本体にインクが入っていて朱肉を付けなくても捺印ができる簡易的な物がありますが、インクが朱肉よりも消えやすく、長期保管する必要のある書類には使えないこと、印面が柔らかいので力加減によって印影が変わってしまうことから、公的書類など重要な場面では利用できない場合が多々あります。
認め印に向いている書体は誰にでも読める文字で、【楷書体】や【行書体】は、読みやすく親しみ深いフォントの代表です。
また、【隷書体(れいしょたい)】や【古印体(こいんたい)】なども、比較的読みやすいので認印の書体として人気があるようです。
逆に篆書体(てんしょたい)、印相体(いんそうたい)は判子の書体としては一般的ですが、形が難解で読みづらくなるため、おすすめできません。

次の記事へ