認め印の値段を比較!人気ハンコ屋サイトBEST6!

HOME > 認め印について > 認め印は使用する頻度が高いです

認め印は使用する頻度が高いです

認め印は宅配便の受け取りや回覧板の確認などの他、ビジネスでも使う機会が多いです。
そのため、他の印鑑よりも消耗するのが早くなります。
もちろん、あまり重要な場面で使うことはありませんが、できるだけ長く使うためにもしっかりとした素材のものを使うことがポイントです。
その中で、人気があるのが薩摩本拓は価格も比較的安く作れて、一本2500円ほどで作ることができます。
もちろん、プラスチック製のものよりも丈夫なため長く使うことが出来ます。
ちなみに、字体に関しては吉相体などがありますが、隷書体が人気となっています。
もちろん、好みに合わせて作ることが出来ますが、他の人もわかりやすい字体にすることが大切です。
それ以外にも、オーダーメイドの場合サイズも10.5mmや13.5mmなどを選ぶこともできます。
大腿の人は認め印の場合、12mmにする人が多いです。



認め印は、どこで購入するのが良いでしょうか

認め印とは、宅配便を受けっとった際や書類や回覧板などに目を通したことを確認するために押す印鑑のことです。
実印や銀行印と違って、個人を証明したり、預金を引き出したりおろしたりする際に必要なものではありません。
ただ、目を通した、認めたことを示すために押すものですので、大量生産された量販店などで購入できる印鑑で十分と言えます。
便利で使い勝手の良い朱肉一体型のシャチハタ印も認め印として使用することが出来ますが、契約書などの重要書類には使用できないこともあります。
履歴書などのフォーマルな書類を提出する際も、シャチハタ印は好まれない場合もありますので、両方持っていると便利でしょう。
認め印は、100円ショップでも購入することが可能ですが、珍名の方は店頭にはない場合もあります。
インターネットでオーダーすることも可能で、珍名でも比較的早く手に入るショップもあります。



認め印と実印の相違点と使い分け

認め印と実印は種類の異なる印鑑です。
実印は最も重要で、住んでいる市役所などで印鑑登録を行う事で、はじめて法的な効力を持ちます。
婚姻届や、重要な契約を結ぶ場合に使用する為、普段は大切に保管する必要があります。
一方で、認め印は日常生活で、最も使用頻度の高い印鑑です。
仕事上の書類の承認や確認、郵便物の受け取りや回覧板を回す時など、幅広い場面で使用します。
但し、認め印の一部には、保険契約時や銀行届け印として使用出来ない物もある為、要注意です。
銀行などの金融機関での登録や使用する為の印鑑は銀行印と呼ばれ、区別して使い分ける様にします。
ちなみに、社内で使用する印鑑を選ぶときは、上司よりも大きなサイズを選ばない様にします。
特に新入社員の方は、上司に誤解を与えない様に慎重に選びます。
また、仕事の業務でよく使う印鑑として訂正印があります。
サイズはかなり小さく丸型と小判型がありますが、特に決まりはありません。
印鑑にも種類があり、役割も異なる為、正しく理解して使用しましょう。

次の記事へ