認め印の値段を比較!人気ハンコ屋サイトBEST6!

HOME > 認め印について > 認め印はどのような物なのか、その役割と印鑑の材質

認め印はどのような物なのか、その役割と印鑑の材質

認め印とは、書類の内容や事柄について「これを見て、間違いない」と言うことを示すための印鑑のことを指します。
実印のように個人を証明するための印鑑とは違い、あくまでも目を通しましたと言うことを示す印鑑なので、大量生産で作られる既製品やシャチハタなどで使われます。
なお、会社の回覧や宅配便の受取りや近所の回覧板などの捺印に使用することが適切な使い方になります。
実印とは、自治体によって印鑑証明を出してもらえる印鑑になります。
偽造が困難になるように手掘りで作られることが多く、印影も独特な形状な物が多く、名前が読みにくい場合もあります。
自治体によっては印鑑証明できる実印の規定を決めている場合もあります。
ですが、認め印を実印として印鑑証明として登録できる自治体もあるので、自治体に印鑑証明をとる時に確認する必要があります。



認め印をなるべく安く購入するコツ

認め印は自分自身の名前を示すことができ、様々な目的で使うため必要な本数を確かめて準備すると今後の生活に役立ちます。
購入する時は通販サイトを使うと販売店よりも安くなり、珍しい名前であれば扱っている店が限られるため臨機応変に使い分けると便利です。
認め印はシャチハタにすると朱肉がなくても手軽に押せますが、銀行員として使えないため種類ごとの特徴を把握して準備すると安心できます。
安く購入する時は通販サイトでセール期間中に注文すると便利なため、最新の情報を確かめてチャンスを逃さないようにすると効果的です。
印鑑は様々な種類があり他人に使われないように管理することが重要なため、正しく保管する方法を決めることが求められます。
認め印をなるべく安く購入するコツは通販サイトで最新の情報を確かめ、通常よりも割安の時期を探すと便利です。



認め印とはどのようなはんこのことか

日常生活でよく使われる認め印とはどのような物をいうのでしょう。
認め印とは実印として印鑑登録していないはんこのことをさします。
実印とは一人一本しか印鑑登録できないので、それ以外のはんこのことになります。
日常的に使われることが多く、大事な書類などに利用します。
確認や承認といった時に使うのがこのはんこになります。
ちなみに朱肉を使わないスタンプタイプのはんこをシャチハタといいますが、これは簡単な書類などの捺印になります。
正式な書類には使えないことがほとんどなので注意するようにしましょう。
ビジネスなどで認め印を使うことが多い場合は100均ではなく、ある程度良い物を購入すると格好がつきます。
はんこ屋、文房具屋ではもちろん、今ではネットなど通販で買えるのでとても便利です。
はんこ屋はあまりたくさん見かけないのでネット通販で購入できるのは嬉しいですね。

次の記事へ