認め印の値段を比較!人気ハンコ屋サイトBEST6!

HOME > 認め印について > 知っておこう!認め印の使う用途

知っておこう!認め印の使う用途

 日本の社会で生きていく場合には、様々なアイテムが必要になりますが、書類などで契約をしたり役所に申請をしたり、届け出をすることも多くなります。その場合に必要なアイテムとしては印鑑があります。
 世界的にはサインの方が使われていますが、日本の場合には印鑑がないと生きてはいけないという環境です。最近はサインでもよいという場合もありますが、ほとんどが印鑑を必要とします。そのため社会人になった時や印鑑が必要になった時には作ることになります。
 作る場合には市販の三文判を使ったりしますが、印鑑登録などで使う実印は、三文判ではうまくありません。大量生産なので同じ印鑑になるからです。それで自分で作るということになりますが、今の時代では通販が簡単で購入には合っていますしメリットもあります。

 インターネット通販で購入する場合には、とにかく安く購入できるのが魅力です。同じ材質でも価格を安く抑えられるので良い商品を安く手に入れることができます。生活で利用する印鑑には、実印、銀行印、認印がありますが、その他にも仕事用としては訂正印もあります。
 しかし、一般的に利用する場合には実印と銀行印、認印があれば十分です。この三印セットをまとめて購入しておけば一生使うことができるので、良い商品をインターネット通販や安く購入しておけば、その後は欠けるとか、女性が結婚して苗字が変わるとかした時ぐらいしか購入はしないので、将来のためにも良い商品を購入しておくのが社会的にも効果があります。
 社会では、その人の服装や持ち物などで8割判断されます。とくに契約の時に使う印鑑は必ず相手も見ますので、選んでおく必要があります。

 実印は重要な契約の時以外は大切に保管しておきます。自分の象徴のような役目があるからです。重要な契約の時には良い実印を使い、サインなども住所や名前をゆっくり慎重に書くようにします。
 字が上手いかではなく、その様子を相手は見るからです。ゆっくり丁寧にサインをして印鑑を押すことで、慎重な人物で信頼できるとなります。字が乱れていて適当だったり、印鑑の押し方が崩れていたりすると、その契約を大切にしていないと見られるからです。
 相手も観察をして信用できるかどうかを見ている場合があります。認め印の用途としては、銀行印のかわりに使ったり、実印以外の書類で使ったりします。よく使いますので、使いやすい印鑑を購入しておきます。実印よりも小型になりますので、印を押した時にわかりやすい印鑑が良い印鑑になります。

次の記事へ