認め印の値段を比較!人気ハンコ屋サイトBEST6!

HOME > 認め印について > 公的な書類のサインに適切な認め印

公的な書類のサインに適切な認め印

実印やシャチハタなど、印鑑には様々な種類がありますが、「認め印」とは「実印として印鑑登録していないハンコ全般」を指しています。
実印をお店で作ると数千円掛かることもあり、また、一人一つまでしか印鑑登録することができないため、重要な場面で使われる貴重なハンコと言えます。
それに対し、認め印は登録の必要がないので所有するのに数の制限が無く、書類のサインなどに用いられることが多いのが特徴です。
家の権利書など大変重要な書類には実印を用い、郵便の受け取りなどにはシャチハタを使うことが多いのですが、一方で、役場などでの公的な書類にはシャチハタではなく認め印を用いることが望ましいのも事実です。
これは、シャチハタだと二、三年でインクが消えてしまうことが多く、公的な書類の保管期間を考慮すると適切ではないと判断されるからです。



認め印を買うならネット通販で拘りの一本を

実印ほどの重要性はありませんが、認め印は暮らしの中でも頻繁に使う印鑑ですから、それだけにお気に入りの一本を用意しておきたいところです。
近所のお店で売っている安い既製品でも良いのですが、拘りの認め印を購入するなら、ネット通販がおすすめです。
様々な印鑑店がネットショップを運営しているため、多彩なラインアップを見ることができます。
お手頃価格でありながらも一般的な既製品より上質な物や、見た目にも美しい材質の印鑑など、使うのが楽しくなる素敵な認め印も多彩に揃っています。
また、丈夫で欠けにくい材質の印鑑も売られていますので、生活の中で利用頻度が多い場合は、傷みにくい一本を用意するのも良いかも知れません。
そのほか、実印や銀行印とセットになったお得な商品もありますから、それらの印鑑もこれから揃える時にはピッタリです。



認め印は、100円から購入することもできる

認め印は、さまざまな場面で利用する機会が多くなっているため、特に社会人となったときには、一つは用意しておいた方がいいアイテムのひとつとなっています。
認め印は、安くても百円程度の金額で手に入れることができるようになっているため、いつでも簡単に購入するということができるようになっています。
認め印の場合には、市販されているものを購入するだけで手に入れることができるようになっていますが、あくまでも一般的に知られている名字のものはすぐに購入することができますが、珍しい名字の場合には売られていないという事もあります。
珍しい名字などの場合には、オリジナルのものをつくってもらうという方法をとることによって、自分専用のものを手にすることができます。
珍しい名字などの場合には、オリジナルのものをあらかじめ注文し、購入しておくことで急に必要となったときにも困らずにすむことができます。

次の記事へ